のんびり、まったり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
東日本大震災から一年半。

沢山の犠牲者の方々に心からご冥福をお祈り致します。


私の住む地域は表面上では震災前とほぼ変わらない状態になってます。

海沿いの国道や歪んでしまった道路も綺麗になりましたし
民家の屋根に敷いてあったブルーシートも殆ど見かけなくなりました。

東北の沿岸の被害とは比べ物にならないですからね。
被害の少なかっただけだと思ってます。


阪神淡路大震災で被災された方の私記を読んだことがありまして
私も忘れないように書いておきたいと思います。


震災当日の事を書いてます。(長いです)
気分を害される方がいらっしゃるといけないので続きから。


2011年3月11日(金)14時46分ごろ、私は職場にいました。

通常よりも窓口が空いていて
手の空いていた私はファイルの整理をしていました。

穏やかな午後といった感じでした。


そこに地震が。

始めの頃の揺れはそんなに大きく感じなくて
職場の上司に『三陸沖でしょうか?数日前もありましたよね?』
なんて喋る余裕があったんです。

が、いつまでたっても揺れが収まらず、
終いには立っていられなくなりました。

もの凄く長く揺れていた気がしました。
(連動地震だったようですね)

棚から物が落ちたり、机のPCが落ちたり、
女性職員の悲鳴などで大混乱。

とにかくしゃがんで必死に耐えていました。


気が付いたら職場はぐちゃぐちゃで・・・。
停電してしまった室内はやけに静かだった記憶があります。

お客様を避難誘導した後、従業員も慌てて外へ。


我に返ると思い出すのは家族の安否。

余震が繰り返す最中、皆隙を見て荷物を取りに室内に戻りまた外へ。

やっぱり携帯は繋がらず、どうしよう、どうしよう、と
皆口にしていました。


そして携帯電話のワンセグで見た情報に唖然。
大津波警報の発令でした。


そんなときに中部地方へ出張していた主人から着信が。
(以外に外からは繋がり易かったみたいです)

家族は無事だと確認してくれたみたいでその連絡でした。


安心したのもつかの間、今度は私が無事家に戻れるかでした。

主要道路は大渋滞。
海沿いの国道は勿論走れない。
どうしよう、しか浮かびませんでした。

しかし、職場にいても仕方ないので
いつもの通勤道路を戻ってみました。

信号は全て停電。

こんな時こそ、ゆずり合いというのでしょうか、
信号の付いていない交差点では一台ずつ交差して通りました。

以外にも私の帰る方向はそんなに渋滞していなくて
いつもの通勤時間の1.5倍位の時間は掛かりましたが
なんとか帰ることが出来ました。

帰宅途中、瓦が落ちている家があったり、
ブロック塀が倒れていたりしましたが
倒壊している家屋はなく少し安心してた記憶が・・・

しかし、走行中も余震もあり、本当に怖かったです。



帰宅してまずは下の子の元へ。

もう、わんわん泣いていました。
迎えに行けなかったのを本当に申し訳なく思いました。

学校にいるなら大丈夫だろうと思い込んでいたんですよね。

学校の校舎は倒壊こそしませんでしたが
立ち入り禁止、取り壊しとなりました。
本当に危なかったんですよね。

沢山の保護者が迎えに来るのに私のお母さんはいつ来てくれるのかと
不安でいっぱいだったんでしょう。

上の子が気をきかせてくれ、迎えに行ってくれて本当に助かりました。
(上の子は高校合格発表翌日だった為すでに春休み中でした)


後から聞いた話ですが、小学校では子ども達がパニック状態になっていて
かなりの混乱だったようです。

ただ、幸いだったのが子ども達の下校直前だった事。
全員無事でしたし。

もし、後10分遅く地震が来ていたら下校が始まっていて
途中でブロック塀の倒壊や瓦の落ちてきたところに
巻き込まれていたかも?と思うとぞっとしました。



家の中に入ってみれば予想通り、ぐちゃぐちゃ。

我が家は戸棚の扉にロック機能なんてものは付いておらず、
家中の扉が全開。
物は落ち、食器は9割割れ、冷蔵庫や固定していない家具はかなり動いていました。

凄い揺れだったと改めて思いました。


とてもじゃなけいど家の中に居られる状態じゃなく
貴重品を引っ張り出してとりあえず避難所(近くの学校)へ。

しかし、体育館のガラスが大量に割れ、危ないので入れなく、
車で来た人は校庭に車を止めて車中に居てくださいと指示でした。

確かに寒い時期、暖房の無いところに居るより
車の中の方が暖かく、TVも見られましたからね。

時折起こる余震におびえながら震災当日は車中泊となりました。
殆ど眠れませんでした。

時々車の外に出て身体を伸ばしていたのですが
見上げた夜空が怖いくらい綺麗で・・・。
辺り一体が停電していたからでしょうね。

ただ、その時間も救助を待って寒い思いをしていた方が
沢山居たかと思うと・・・今でも居た堪れない気持ちでいっぱいです。


翌日からは寝床を確保し、いつでも逃げられるように家族皆で
1階の居間に寝ました。
(流石に車の中で寝るのは身体が辛いので)


我が家で助かったのは義父母が日頃から防災意識があり
水(ペットボトル2L6本入り)を3箱
電池も各種類3パックずつ
カセットコンロ(ガスも)も切らさないように
常備してあったので非常に助かりました。

開いてるお店に長時間並ぶ事もなくすみました。

寒い時、暖かい食べ物が口に出来るって嬉しかったです。

避難所も配給なんて一部のところしか無かったみたいでした。



私達の地域は本当に恵まれていたと思います。

3日後には電気が通り、5日後にはガス(都市ガス)と水道が
復旧しました。

同じ市内でも北と南では復旧にかなりの差があったようです。

ライフラインのありがたみを痛感しました。



本当に色々ありました。


翌日、別の避難所で実父母を探した事。

車のガソリンが殆ど無くて困った事。
まだ走れるから明日入れようと前日に給油しておかなかった事を後悔。
(ガソリン不足がありましたよね)

仕事も気になって5日後には出勤したら大変だった事。

本震を経験していない主人が戻ってきて
ネットで津波の動画を何回も見ている姿に憤ってみたり。
(仕方無いんですけど)

でも、彼も大変な思いで長距離を移動して戻ってきてくれたんですよね。
赴任先の近くで水や食料を買ってきてくれたりと非常に有難かったです。



それと今になって思うことですが
我が家は海抜17mのところに家があります。

震源地にもっと近かったら津波の被害にあっていたかも?
なのに何でここは大丈夫、なんて思ってしまったんでしょうね・・・。

その大丈夫だろうと言う過信が悲劇を生むのに。

勿論、市内でも津波の被害は多々ありました。
車が流されてしまった知人もいます。



我が家の下の子は今でも地震や津波注意報が出ると怯えるし
携帯電話のエリアメールがなるとパニックを起こしてます。
(最近は大分落ち着きましたが)

うちの子のような人が沢山居る事も聞きました。


それでも、私が経験した事は津波に攫われてしまった人や
原発で被害を受けた方と比較になりませんが・・・。



私も子ども達も今も震災の報道番組を直視出来ません。
未だに自宅に帰れない福島の方、
津波で家族やすべてを失ってしまった方を思うたび涙が出ます。


一日でも早い復興を、と口には出しますが実際はどうなのでしょう?


あの日から時が止まってしまった方が沢山いらっしゃるんです。

前に進む事が出来ない方への支援を切に願うばかりです。
スポンサーサイト
2012.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://846bluesky.blog84.fc2.com/tb.php/1118-3147ccc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。