のんびり、まったり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お待たせ致しました。(誰も待ってないって)
テニプリOVAセミファイナル第1巻の感想ですv
ネタバレ全開でいきますので、未視聴の方はご注意下さいませね。






・第1話「四天宝時vs不動峰」

OPの前に例のあのシーンからだったのですが、
私は断然にアニメの展開の方が良かったです。うん。

バリカンを持って跡部に近づくリョーマの前に立ちはだかる滝クン。(お~久しぶり~)
「やるなら俺の髪を切ってくれ」と。
なんて良いヤツなんだ!滝!!(ホロリ)

容赦の無いリョーマの手を押さえるのは気を取り戻した跡部様。
跡部様自らバリカンで髪を切りましたよ!(おお!)

流石は跡部様何をやってもお上手。
自らの髪も素敵にカッティングなさいました。(平伏せ)

そして、『頂点に立て、越前』と捨て台詞(?・笑)を残して差って行った跡部様・・・。
去り際も素敵でゴザイマシタ。
(髪の短い跡部もカッコ良かったよv)

原作もさ~こんな感じに書きゃぁ良かったんでないの?
凄い物議を醸し出したシーンだからね~。
跡部様ファンはアニメで救われたと思うよ。うん。

して、OPの後は久しぶりにリョ桜vvv
おにぎりを差し入れした桜乃ちゃんにちと冷たすぎではないかい?(照れ隠し?)
それとデバガメ部隊の菊、桃、乾が可っ笑しいの。(私も入れて!・笑)
こういうシーンは大好きですv(青春だ~)

何気に『行くよ、竜崎』ってリョーマの言い方に萌えたワタクシでした。

第1話のメインは橘vs千歳だね。
これまた、タッチーがカッコ良いんだわ~vvv

千歳との試合シーンは勿論の事、
先に試合をした神尾と石田を抱えるシーンはホロっときたよ~。(うるうる)
タッチー、あなたに付いていくわ。(は?・笑)

しかし、幾らタッチーにときめいても手塚が出てくると
即行脳内が手塚に一色になってしまう訳でして・・・。
試合前に千歳に呼び出されたシーンにウハウハしちゃった~v

千歳が「天衣無縫の極み」に一番近いのは金太郎だ、見たいな事を言うでしょ?
その時の『・・・ふん』って手塚の反応がさ、
「俺だ」みたいに聴こえちゃったよー!(私の欲目?・笑)
そう思ったら、この後のD1の千歳のセリフ『一番近つはこの男なかも知れん』に
繋がると思わない~~~?!(勝手に妄想)

ラストのセミファイナルオーダー発表シーンの
手塚の『よしっ!油断せずに行こう!』にぶっ倒れました。
手塚ファンは見逃すな!!!!!(笑)
はう~んvしゅてきvvv


・第2話「咆哮」

美形対決とでも言いましょうか、不二vs白石。

本気モードの不二クンと冷静さが売りの(?・笑)の白石クンのカッコ良さといったらもう!!!
久々に引き込まれた試合展開でしたね。はい。

オリジナルで白石のモノローグシーンが入っていたんだけど
幾らバイブルとか天才とか呼ばれていたって、努力していない人なんて居ないんだよ。
そう思えるようなキュンとしたシーンが入っていて良かったです。

そうそう、観月と裕太と千歳の妹は出てなかったわね。
アニメとなると色々と事情が出てしまうのでしょうが・・・。
ルドファンには残念だったかな?

でもって、試合終了で次回。
次回と言えば、第3話の予告が非常に面白い!
流石は桃と薫ちゃんのやり取りね。
次回が楽しみですv


・音声特典

今回は比嘉中の木手、甲斐、平古場の3人がコメンタリーしています。

あ、あのね・・・3人の会話も非常に楽しかったのだけど
甲斐クンの携帯の着メロが可笑しくって可笑しくって!!!!!(爆笑~)
もう、笑いのツボにクリティカルヒットしちゃってお腹抱えちゃいました。(涙目)

この比嘉中3人以外のメンバーは何やら東京見物しているらしいんだけど
そうか・・・やっぱり最後はソコに行くのか・・・。(意味深・笑)

購入予定の方は是非聴いて「ああ、あそこね」と納得してくださいませ!(笑)
スポンサーサイト
2007.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://846bluesky.blog84.fc2.com/tb.php/265-34c90bd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。