のんびり、まったり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
さあ、待ちに待ったテニプリOVA第4巻!
手塚の試合ですよ!手塚の!!

では感想です!
ほとんど手塚しか眼中に入っていないのでご注意あれ!(笑)


・第6話「殺し屋と呼ばれる男」

うわ~い!強い手塚の試合だー!と喜んでいましたが
試合している時の手塚のセリフって少ないんだよね。
まあ、寡黙な手塚のそこが良いんだけどv(笑)
手塚と木手の試合を始める前のやり取りが
アニメで見られて嬉しかったな~。
『心配するな』『結構だ』の手塚のセリフにゾクゾクよんv
くぅ~~~手塚@おっきー最高だね!

して肝心のゲーム展開ですが・・・
ゲームカウントが原作と違ってたかな?
立海の幸村もチラッと出ただけでセリフなし。(期待してたのに!)
それに「百錬自得の極み」の説明も大石がしていたしね。
手塚のオーラもOPのように羽を期待していたのに違いましたね。(笑)
最後は原作通りすばらしい「零式ドロップショット」でゲームセット。
木手のお顔が痛々しかったです。はい。

ひとつ疑問点が・・・。
「無我の境地」をリョーマと桃が不二に説明を求めるシーンがあるんだけど
あれ?リョーマって真田戦で出してなかった?
無我~はすでに青学メンバーは知ってるはずだよね?(むむっ)
色々見直さないといけないかしらん。


・第7話「ビーチバレーの王子様!?」

ご存知、六角中とのビーチバレー対決ですね。
OVAでは番外編としての位置づけみたいです。
原作と違って手塚が出てるのが非常に嬉しいですvvv
手塚の上半身にキャーキャー言ってました。(笑うな!)

このお話、最高です。
笑い過ぎてシワが増えました。(あは)
スタッフの皆さん、この話で遊んだーって感じがします。
ぶっちゃけ、乾とスミレちゃんが面白過ぎます。
カッコイイ乾が好きな方は見ないほうが良いかと・・・。
セクシーなスミレちゃんのお姿と例の乾のシーン・・・直視出来ませんよ!(苦笑)

原作では「イワシ水」を最初に試飲したは首藤でしたが
葵が犠牲になりました。(笑)
バレーのコンビもリョーマと手塚が組んでます。(美味しい!)

これまたリョーマがビーチバレーがヘタなのよ~。
これはツボでした。(可愛い!)

最後はやっぱり・・・手塚とリョーマもシルバーシートの餌食に・・・。(泣)


・音声特典

今回は跡部と忍足のオーディオコメンタリーです。

ドイツ語での跡部様のご挨拶から始まっております。
またまた、これも可笑しいやら楽しいやら。
とにかくこの二人のファンなら絶対聴いて!の一言。

跡部がね「手塚、手塚」って連呼してるのよ~。
あなたそんなに彼が好きなの?って思ってたら
しっかり忍足がこの事に突っ込んでくれてます。
いや~もう、ゴージャスな漫才を聴いてるようでした。


次巻は氷帝のオリジナルストーリーを交えての展開らしいので
俺様の美技に酔いしれる準備が必要ですねv



しかし・・・・後半のせいで手塚の試合が頭からぶっ飛びました。はい。(笑)
スポンサーサイト
2006.09.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://846bluesky.blog84.fc2.com/tb.php/770-8f66cd5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。